アフタヌーンティーパーティーの始まりとは

アフタヌーンティーパーティーの始まりとは

ヨーロッパでは、風習として、昔からアフタヌーンティーパーティーが、よく行われているのですが、これは、かつてオペラを観劇するのが娯楽の一つであった時に、オペラを見終わると、どうしても夕食が過ぎてしまうということで、その前に軽食を取るようになったのが起源です。さらにオペラを見ている際にも空腹にならないようにする為でもあったということで、お腹を空かないようにする為に始められたというのが、ティーパーティーというものだとのことです。

 

アフタヌーンティーパーティーでは、そういう始まりがあるという事で、紅茶を飲んでお菓子を食べるだけではなくて、サンドウィッチなどが出てくることもあるとのことです。紅茶が飲めなかったり、また、あまり紅茶が好きでなかったりする人は、紅茶を薄めてもらう事もできますし、あらかじめ、紅茶が飲めないと言っておけば、代わりに他の飲み物を用意してくれるようです。

 

こういう事はしっかりとした理由と一緒に飲めないと言う事を伝えればいいのですが、もし、アフタヌーンパーティーに誘われた時には、そういうことも覚えておくといいようです。